読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行動で愛を証明しよう

出版倫理と性表現について女性読者の立場から考えています。性暴力・DV反対!もっと日本が結婚・子育てしやすい国になりますように。

痴漢の線路への逃走を教唆する本を不健全図書に申出しました

最近、痴漢が線路を走って逃げるという人騒がせな事件が相次いでいますが、こんな本がツイッターで問題視されていました。

www.jiji.com

 

www.huffingtonpost.jp

はじめての男の反論・反撃マニュアル

はじめての男の反論・反撃マニュアル

 

公式サイト「はじめての 男の反論・反撃マニュアル」より引用

f:id:tsunamiwaste2016:20170515090601j:plain

この本は出版倫理の観点から、問題があると思います。言うまでもなく、警察から痴漢の疑いを掛けられたら、社会人として適切に対応すべきです。線路への立ち入りは下手すれば死ぬ可能性がありますし、また不特定多数の乗客・鉄道会社にも危険が及びます。

版元の秀和システムは、パソコン・ソフトウェア関係の書籍を多く扱っている出版社です。担当編集者は問題だとは思わなかったのでしょうか? 何を考えているのか不可解です。

早速、東京都青少年健全育成条例不健全図書(犯罪を助長する)として審議してもらえるよう、都民の届け出をしました。

昨今、出版不況の深刻化、出版点数の増大化、出版倫理の乱れにより、これまででは考えられないような悪書が出回っていますが、引き続き問題視していきたいと思います。