読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行動で愛を証明しよう

出版倫理と性表現について女性読者の立場から考えています。性暴力・DV反対!もっと日本が結婚・子育てしやすい国になりますように。

藤沢数希が提唱する「一夫多妻」に対する違和感

なぜ一夫多妻なのか

私は面倒くさがりなので、今まで藤沢数希の一夫多妻の提案について、まじめに考えてこなかったのですが、

損する結婚 儲かる離婚(新潮新書)

損する結婚 儲かる離婚(新潮新書)

 

話のネタとして面白いので、ブログに書き留めておこうと思います。以下、私が2012年に関わった男性が藤沢数希と同一人物であるという前提でお話しします。 

tsunamiwaste2016.hatenablog.com

 伏線としてはすでに処女作にありました。『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』(ダイヤモンド社、2006)の金融のポートフォリオ理論を説明した項で、このような記述があります。

卵をひとつのかごに全部入れていると、もしかごを落としてしまうと、全部いっぺんにダメになってしまうから、別々のかごに入れなさいということです。

ちなみにこれを恋愛に応用すると、ひとりの恋人にすべての愛を集中させていると、その恋人にふられると大変悲しい思いをするので、複数の恋人に愛を分散させなさいということになります(笑)。(P.158)

 彼は「恋愛のリスクヘッジ」なる奇妙な概念を提唱しているわけなのですが、これは彼がとても女性に深く依存するからだと思います。おそらく、岡田尊司さん(精神科医)がおっしゃるところの愛着障害だと思います。女性と心理的に距離をとることができなくて、べたっと依存するんです(森岡さんも多分そうです)。

この二人は、DV(殴るなどの暴力ではない。ことばの暴力や、関係のコントロール)があるんです。我慢強い女性しか、継続的に交際をすることができないんです。

恋愛工学には「ポスト・セックス・ピリオド」(肉体関係ができた後の交際期間)という奇妙な概念があります。

ch.nicovideo.jp

交際が長期化するとともにDVが深刻になるため、交際期間が伸展できないというのが彼の抱えているジレンマなんです。女性側が感情表出(ヒステリー)を起こしてしまうんです。狂人と接しているのと同じですから。いつか、我慢の限界に達した女性側から「それはDVよ」という突き付けがされる。破局がくる。

そのために、ヤッたらさっと距離を置くという通い婚的交際方法を取らざるを得ないんだと思います。ヒット・アンド・アウェイ的というか、ひとりの女性とあんまり長時間いないということです。

2012年に藤沢さん(らしき人)と話したときには、彼はお父様が6人のお妾さんを抱えていたという話をしていました。昔は、政治家や財界人の間にはそういう家庭があったんです。

近衛文麿 - Wikipedia

妻の千代子とは、公爵という身分には珍しい恋愛結婚だった。しかし相手も華族で、釣り合いが取れないわけではなかった。華族女学校で一番の美女だったという千代子を一高の学生だった文麿が電車の中で見初めた一方的な一目惚れだったという。挙式は京都・宗忠神社。結婚当時は京都帝大在学中だったが、その生活は「学生結婚」という言葉にはそぐわないほど豪勢なものだった。
結婚生活は円満だったが、当時の大身の例にもれず数人の妾を囲い、隠し子もいた。流行歌手だった市丸が近衞の愛人だったことは有名である。千代子は気丈な女性で、文麿の服毒自殺に際しても、決して取り乱すことはなかった。

また彼は仕事柄中東のイスラム教国とも関わるのですが(オイルマネー外資系金融からするとお得意様)、中東の一夫多妻制では、宗教裁判所というものが重要な役割を果たすそうなんです。夫が複数いる妻を平等に扱わないと、妻たちが夫を宗教裁判所に突き出すそうです。私はその話を聴いて、「そういう仕組みがあるなら、一夫多妻というのもわからなくもないかな」と思ったのです。

2012年の暴露ブログでは、当時彼は絶頂期でしたから、私は本妻は務まらない(彼の実家が名家なんですが、社交下手な私の品格では冠婚葬祭が務まらない。またヘッジファンドのホームパーティがあるそうなのですが、ホステスとして仕切れない)と回答しました。お妾さんでいいよと言ったんです。東京の郊外に一戸建てを買ってくれれば、そこで子どもと二人で、ガーデニングでもしながらのんびり主婦やりますと言ったんです。

 

いったい本妻は誰なのか

そして、彼が他の女性と事実婚をしたらしいという話を、私がどのタイミングで知ったかというと、昨年の6月に彼はフィリピンのセブ島に行っているんです。

ch.nicovideo.jpソースは言えないのですが、彼からセブ島でフィリピン人の女性と事実婚をした」とほのめかされました。

フィリピンという国はユニークな国で、ほとんどの東南アジアの国は婚外子差別をしていないのですが、この国だけは残っているんです(日本でも少し前までは、婚外子は正嫡子と比べると、相続が二分の一でした)。

彼はできるだけ自分の財産を妻子に与えないと公言しています。富をめぐって男女関係(親子関係)そのものがおかしくなってしまうからです。

お相手の女性は、シングルマザーだそうです。その女性は、すでに前夫との間に娘(連れ子)がおり、今回彼との間に第二子ということで、女の子が生まれたのだそうです。

私はその話を聴いたときに、たいへん大きな衝撃を受けました。「私を待っていてくれるかな」と少し期待していたのです。そうではなかった。

また、異常な結婚だと思いました。まるで代理母です。その女性は、自分の親と同居していて、義理の両親も子育てに参加するのだそうです。だから彼は子どもを妻と妻の実家に任せて、自分のやりたいことに専念できるということみたいです。

彼は、相手女性の連れ子を「手なづけてある」という表現をしました。人間不信だからこんな斜に構えた関わり方をするんでしょうね。

あと、これは本意かどうかわからないですが「連れ子をレイプしたい」なんてぽろっとこぼしていました。男の人のこういう側面というのは、私も見聞きしたことがありますが、怖いなと思いました。 

 

それを聞いた私は藤沢さんに見切りをつけた

私は「藤沢数希は終わったな」と思いました。原発推進の富豪の藤沢数希が、反原発の庶民である私ツナミと恋に落ちたから美談になったのです。しかし彼は結婚相手をまちがえた。これでツナミちゃんは戻ってきません。

もし彼が一途で、私とハッピーエンドになっていたら、私が藤沢さんを政治家デビューさせたと思います。彼は先日公開した顔写真と音声をご確認頂ければわかるように、非常に政治家向きなんです。橋下徹や義家弘之(ヤンキー先生)みたいになったと思います。彼とそうなっていたら、今から売り込みのために、大車輪で動いたと思います。藤沢数希セカンド・シーズンが始まり、おもしろくなったと思います。

ですが、彼は嫁取りをまちがえた。ドラクエ5で言ったら、フローラと結婚してしまった。幼馴染のビアンカを選べば、彼は好感度を上げることができたんです。「藤沢数希はああ見えて、実は一途だったらしいの」となり、女性票を獲得できた。

いま森友問題で大活躍のノイホイさん(菅野完氏)だって、5年前にはツイッターのアカウントに過ぎませんでした。でもいま政局のキーマンです。5年あればこれだけ出世できる。しかし藤沢さんは頑固だったので意地を張ってしまった。さすがに博愛のツナミちゃんでも愛想を尽かします。 

その状態で、向こうから「妾を取ります」「ツナミ、公開逆プロポーズをしてほしい」と頼まれたわけですが、私はいまは5年前とは考えが変わって、一夫多妻に納得できないです。また彼はもうエリート金融マンではありません。百歩譲って一夫多妻を受け入れたとして、本妻が岩下志麻みたいなボス格だったらしょうがないかなと思いますが、どう考えても私が本妻格で、フィリピンの人がお妾さんだと思います。

なぜ向こうが本妻扱いなのか? そもそも私を先に娶って、私との間で子どもを授からなければ、そこで私の同意の上で、代理母や養子を検討しよう(向井亜紀みたいに)というのが正しい順番です。

自分で書いていて「我ながら滑稽な話だ。現実離れした話だ」と思って爆笑するのですが、話のネタとして面白いので、全力でノリツッコミをします。

 

なぜ落ち目の藤沢数希の妾をやる必要があるのか

なぜ妾になるために、こちらから公開逆プロポーズなんてリスク犯さにゃならんのか、わからない。自分がそんなにいい男だと思っているんでしょうか? もう5年前とは違うんです。全盛期のエリート外資系金融マンではない。いまは落ち目の色物ライターに過ぎない。おまえはバブルの頃に、フィリピンにじゃぱゆきさんを買いに行った買春おじさんと同じ。家田荘子の世界です。 

恋したはずのフィリピーナたち

恋したはずのフィリピーナたち

 

藤沢数希=買春おじさんということで、今後はネガティブキャンペーンを張っていこうと思います。恋愛工学はバブル紳士と同じ。昔、JTBあたりのパッケージツアーで、日本の農協のおじさんが大挙して、フィリピンのマビニ・ストリートに娼婦を買いに行ったのと同じ。やだやだ、ああいう脂ぎったオッサンにだけはなりたくないねえ。気持ち悪いですねえ。えんがちょ、こっちに近づいてくんな。

ということで、私は藤沢数希のことは忘れて淡々と生きていこうかなと思っています。35歳の時の、ぶっとんだネット恋愛の思い出として、ここに書き留めておきます。

www.youtube.com