読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行動で愛を証明しよう

藤沢数希「恋愛工学」問題特設ブログ。性暴力・デートDV反対!主に書物の中の性差別表現について考えています。

森岡・藤沢に見る男の品格

森岡正博 藤沢数希

f:id:tsunamiwaste2016:20170418064621j:plain

「世の中には自分に似ている人が7人いる」と言いますが、森岡さんと藤沢さん(らしき人)はまちがいなく7人のうちの2人だと思います。二人の人物像を回想しつつ、比較してみます。(写真は内容とまったく関係ありません)

 

tsunamiwaste2016.hatenablog.com

tsunamiwaste2016.hatenablog.com

私はどう思ったか

森岡:初めてつきあった相手(17歳の時)。

藤沢:結婚したいと思った(35歳の時)。 

仕事と将来性

森岡:大学教員。もしクビになってもつぶしが利かないのに、なぜか安泰だと思っている。

藤沢:つぶしが利く。兵隊→証券マン→投資家&ライター。とにかくハングリー。「生まれ変わったら、体動かす仕事がいい。建築作業員になりたい」と言っていた。 

身体能力

森岡:私が知っている男性の中でもっとも女々しい。大学生になって、ようやく平泳ぎができるようになった。(『感じない男』P.178)

私(ツナミ):マニッシュです。小5で平泳ぎ2km。

藤沢:身長198cm、体重3桁、体脂肪率1桁。アスリート。私が知っている男性の中でもっとも雄々しい。自分の会社と自宅(タワマン)の両方にジムがある。トライアスロンが好き。朝起きて、皇居の周りを2周してきたとか、日帰りで麻布~富士山までツーリングして帰ってきたとか、そういう鉄人エピソードばかり。スポーツを大学やボーイスカウトで教えている。私にも筋トレのやり方を教えてくれた。

  

哲学に対する考え方

森岡:東大倫理学で博士課程満期退学。私はアニメ哲学だと思います(後述)。

藤沢:米軍を除隊後、東大哲学科に行ったけど、机上の空論に関心を持てなかった。 

サイコパス

森岡:12歳程度の少女の死体を入手して、自分の脳を移植したいという異常な性的願望があり、実際に子どもの臓器移植問題に関わっている。

tsunamiwaste2016.hatenablog.com

藤沢:陸軍士官学校で人を殺す訓練を受けていたので、男性を殺すのは平気。ただし、女性や非戦闘員を傷つけると、PTSDになる(2012年、私ツナミが聞いた話。まったく予想していなかった回答なので「ああ、そうなんだ」と受容するしかなかった)

「1人の婚活女性と交際を始めて、3回目までのデートで、相手の女性が感情表出に陥る」と言っていました。
サイコパスは経営者等には向いており、社会には一定数必要です。私は、生物多様性のためには、なるべくいろんな人が結婚して子どもを残したほうがいいと考えています。ですが女性目線ですと、彼らはDV・モラルハラスメントが強烈なのです。共存できない。

信仰

森岡:無神論者(『宗教なき時代を生きるために』)。

藤沢:神道。いまはどうやらカソリックの洗礼を受けたみたい。

モテ度

森岡:著書を見た感じだと、女性が多いところへ自分から行っている模様(大学、フェミニズム界隈等)。しかも博愛的な女性がいるところへ行ってる(病院等)。

藤沢:女性からモテるのは当然のこと、同性から一目置かれる。男の人がついて行く。

 

愛し方

森岡:愛を人に与えることができない。彼の一番の問題はここです。ものすごく女性から愛を奪っていきます。わざわざ博愛的な女の人のところに出向いて、掃除機のように愛情を食いつくしている感じです。

藤沢:愛を与えられる。彼自身はホワイトニングやったり、アルマーニの香水の旧版をダースで買ったり、店を閉めてから行く行きつけの美容院があるとか、毎日ジムで過ごさないとすっきりしないという、えらいおしゃれな人。率先垂範の人で、自分がやってみせて、相手に改善策を提案してみて、ダメでも見返りを求めません。私は不美人ですけど、それでも長い目で見てくれた。面倒見がすごくいい。

 

昔お世話になった女性に対して

森岡:恋愛工学批判論文を読んで「批判しきれていない」と怒ったツナミに対し、自分の母の話をし始める(マザコン)。

人のヴァージンをさんざんネタにして、嘘八百の本を出す(『感じない男』)。

※どうもお弟子さんの論文を読むと、おそらく前の奥さんに『あなたの子どもなんて産まなければよかった』と言われている様子。

参考:『他者の産出と自己の誕生肯定』 居永正宏著 P.13参照

http://www.philosophyoflife.org/jp/seimei201204.pdf

藤沢:十代の頃に自分がヒモをやっていたクラブホステスさんを、出世して証券マンになってから再訪し、店を出させる。

前のカノジョさんが彼の子どもを生んで、別の男性と育てているそうなのですが、その女性のことを「ぼくの子どもを生んでくれた女性(ひと)」という言い方をするので、リスペクトがある。

教育に対する考え方

森岡:マインドコントロール(2005年『感じない男』)、接していると元気奪われる。

藤沢:コーチング(2012年、ツナミが接した印象)。電話で話すと元気をもらえた。

 

自分に批判的な意見の扱い

森岡:日本女性学会に行って講演し、批判されるがつっぱねる。私からの抗議もすぐブロック。

藤沢:社長業をしていると傲慢になりがちであると自覚し、自戒のため、ブログ『金融日記』を設置してアンチを大事にしていた(と本人は主張)。「藤沢数希」というキャラクタは「ぼくの中の俗物根性の化身」「サンドバック」。ここまで客観視できている。

 

恋愛のあとは結婚・家庭でしょ

森岡:恋愛工学批判論文に「家庭」という言葉が出てこない(2017年)

藤沢:「数希は女性との未来を描かないんだ。口説いてセックスしての無限ループ。ある時結婚について書いてみたんだけど、話が重くなってしまって……」(2012年当時)

 

自分の感情の客観視

森岡:仕事(恋愛工学批判論文)を頼みにきたツナミに接して、一人の男に戻ってしまう(2017年、58歳)。

藤沢:私と痴話げんかの最中に「自分の立場を忘れて一人の男になっちまった」と言える(2012年、46歳)。感情に飲み込まれずに自分を客観視できる。私は「すごいな」と思いました。

 

職場とプライベートの切り分け

森岡:日文研時代に同僚の女性研究者と不倫。

tsunamiwaste2016.hatenablog.com

 

藤沢:ちゃんと分けている様子でした。

ゴールドマンサックス時代に、女性部下が性的関係を強要されるというセクハラが発生、手を出した男性部下が人事権を持っている人だったので、首にしたと言っていた。 

幼女

森岡:ロリコン。性加害の対象。最低。

藤沢:保護・教育の対象。子ども会の顧問をやっているときに、小学生の女の子に神楽を教えていた。堀江さんとの対談で、はっきり「18歳以下の女性にいく男はクズ」と答えています。

weblog.horiemon.com

 

~比較してみて~

この2人は恋愛論を書いている言論人なので、読者の方の参考になるかもしれないと思って、私から見た人物像を思い出し、特徴を対比させてみました。

彼らが恋愛論を書いてしまえるほど、恋愛経験豊富なのは、(私の観察では)性格がサイコパスなので女性と交際しても長続きしないのではないかというものです。「なぜ長続きしないんだろう」と悩む時間が長いので、それを職業にしてしまった。

しかし彼らは努力の方向性がまちがっていて、本来は自分の性格をどうにかしないといけないのですが、「恋愛とセックスに熟達すれば、女性をつなぎとめられるのではないか」と考えて、そちらにPDCAサイクルを回してしまった時期が若い頃にあるのです。なのでセックスは巧いんです。藤沢さんとは寝てませんが、ある時「(関係は破綻しているが)体だけでつながっている女がいる」と言っていたので、

藤沢数希が、

藤沢さんはサイコパスとして人から嫌われている自覚がありました。しかしそこを除いても、人間として尊敬できるところが多かった。

森岡さんも人から嫌われるみたいで、なぜ学者としてここまで評価されているのか分かりません。私は国益に反していると思います。

私は彼らだけでなく、他にも何人かの男性と交際してきました。その人その人によって、いいところがありました(私自身はそんなに理想が高いわけではありません)。

この2人は私にとっては災いでした。森岡さんのことはずっと忘れていました。当時の記憶が欠落していて、思い出すのに寝込んだほどなので、トラウマだったんだと思います。本を読んでいてもしんどいです。藤沢さんとは、ダメになってから2年ぐらいはけっこう寝込んだりしました。

私個人は、結婚は穏やかな男性としたいと思います。顔とか学歴とかどうでもいいです。DVはやめよう、平和がいちばん。