読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行動で愛を証明しよう

出版倫理と性表現について女性読者の立場から考えています。性暴力・DV反対!もっと日本が結婚・子育てしやすい国になりますように。

2012年、藤沢数希さん(らしき人)とわたし

f:id:tsunamiwaste2016:20170416205800j:plain

鶉まどかさん×男性文化人(宮台真司と思われる)の事例や、岡田斗司夫×愛人80股の事例と比較するために、1995年に私(ツナミ)が森岡正博さんと知り合ったときの状況と、2012年に私が藤沢数希さん(らしき人)と知り合ったときの状況について、それぞれお話しすることにします。

※随時書き足しています。

tsunamiwaste2016.hatenablog.com

tsunamiwaste2016.hatenablog.com

 

2012年、藤沢数希さん(らしき男性)とわたし

私は、文学好きの男性と交際を希望していました。そこでインターネットの友達探し掲示板に「文学好きの友達を募集しています。いまはフォークナーの『響きと怒り』を読んでいます」と投稿しました。

響きと怒り (講談社文芸文庫)

響きと怒り (講談社文芸文庫)

 

それをご覧になったみたいで、ご連絡頂きました。最初は「成金おじさんが、愛人を募集しているのかな?」と不審に思ったのですが、いきなりシェイクスピアの『マクベス』を原文でタイプしたので、私はびっくりしました。

f:id:tsunamiwaste2016:20170416205111p:plain

私は、結婚相手の男性に「文学的教養があるかどうか」「災害時に犠牲を払うことができるかどうか」の二つの条件を求めていました。著名人かどうかとか、容貌、年収といった条件はまったく求めていませんでした。

もし容貌の美しさや富を求めていたら、ネットでなんか探しません。そう思いませんか? そもそもフォークナーなんて、そうとう悩んでいないと読まないです。

これをシグナリングと呼ぶそうで、皮肉なことに、藤沢数希著『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』でこのように説明されています。

会社でOL同士が井戸端会議をしているのを、耳をダンボにしながら聞いていた時に、考えが少し変わりました。
「〇〇さん、この前、いっしょにご飯食べに行ったとき、プラチナカードだったよ」
「うそー? すごーい」
プラチナカードというのは、ゴールドカードよりさらに上のカードです。もちろん、会費はさらに上がります。

高い年会費を払う経済合理的な理由はありませんが、ゴージャスな色のクレジットカードを持っていれば、女性にモテるというのであれば話は変わってきます。

例えば、いっしょに高級レストランでデートして、支払いのときに女性が僕の年会費無料のカードを見て幻滅してしまうとしたら、それは大問題です。

カードの色は経済学でいうところのシグナリングという効果があるそうなのです。

恋愛マーケットでは、女性は常にお金持ちの男性を探しています。ところが、男性の額に預金残高が書いてあるわけでもないし、デートのときだけ奮発してくるニセモノの金持ちサラリーマンもいたりするので、女性は誰が本当のお金持ちなのかを見極めるために必死に情報収集をしているのです。そこで、そういった女性にモテたい男性から、「僕は本当のお金持ちだよ」とさまざまな情報が送られることになります。

これを経済学では「シグナルを発する」と言います。

さて、私は旦那さんになる人に「文学的教養があるかどうか」「災害時に犠牲を払うことができるかどうか」の二点を求めていたのですが、彼は一つ目の条件についてクリアしました。デートでいっしょに映画やお芝居を観に行ったりできそうだと思いました。

二つ目の条件について、私は「東日本大震災が起きた時、あなたはまず何をしましたか?」と彼に尋ねたのです。すると彼は、

「すぐ帰宅して売りました。ああいう時はすぐに売らなければならない。売って、納税しなければならない。それがプロの仕事です。でないと海外に儲けを持っていかれてしまう。もっとりそな等の邦銀がそれをやってくれればいいんですけどね……」

と言いました。その答えを聞いて、私は圧倒されました。「この人は傑物だ」と強い感銘を受けたのです。

当時書いた暴露ブログの一部です。

web.archive.org

私はこの男性を深く愛していました。正義感が強くて、包容力がある人でした。話していると心が落ち着くのです。とても美しい日本語で話す人で、私は一生この人の言葉をそばで聴いていたいと思いました。

紳士的な人でしたが、そんな彼が実は藤沢数希だということが分かりました。その日のエントリーは「なぜ素人女のセックスは高くつくのか」という、最悪なものでした。二重人格なのだろうかと悩みました。

この人とはいろいろありました。彼は若い頃、米国陸軍士官学校を卒業後、米国陸軍に所属していて、アフガン戦争等いくつかのオペレーションに参加したと話しました。

軽薄で皮肉屋のプレイボーイ藤沢数希というパブリックイメージとはまったくかけはなれた、実直なたたき上げの人のなのです。私は「三島瑞穂さん(元グリーンベレー)みたいな人なのかな?」と思ったんです。スカイプだけなので、裏づけが取れない。とりあえず相手の言い分を聞くしかない。軍隊時代に殺人をしていると話し、本人も精神的後遺症が深刻で、PTSDで非常に苦しんでいました。

私の目からは、精神科に入院したほうがいいレベルなのですが、当人が行かないんです。しかし戦争体験を私に話す。

日本でも昔、太平洋戦争から帰ってきた人たちがそういう話をしました。大岡昇平の『野火』のような、軍隊の殺し合いの極限世界の話です。

私は瀬島龍三を想起しました。この人は山崎豊子の『不毛地帯』のモデルとして有名な人で、戦中に陸軍士官学校を出て、大本営の参謀を務め、戦後は伊藤忠の中興の祖として、財界で活躍した人です。この藤沢数希(らしき人)は、とにかく精神力が強靭なのです。軍人の中でもベスト&ブライテストだっただろうなという貫禄がありました。

私は『クヒオ大佐』のような結婚詐欺師かもしれないとも思いましたが、「面白いから結婚詐欺師の口車に騙されてみるか。本当だったらスクープだし、もし結婚詐欺師だとしても、映画になったクヒオ大佐事件みたいに、結婚詐欺師なんてやるような男は変わり者だろうから、人間としておもしろいだろう」というヒューマン・インタレストからこの人物に関わったのです。

しかし、早朝5時に電話がかかってきて、そういう深刻な話をだしぬけに聴かされ、最初のうちはつきあっていましたが、次第に精神的に参ってしまいました。

2012年10月に大喧嘩をしました。私が「あなたは人殺しだから地獄行きよ」と言ったら、彼はもう無理だと思ったようです。私は我慢の限界で、つい無意識のうちにそういう言葉が出てしまったんですけど、彼は死んだ後もいっしょに地獄に行ってくれるような奥さんが欲しかったのかなと思うと、慙愧に堪えません。彼は当時は神道だったので「ぼくは死んだら黄泉の国に行くんだ」と淡々と話しました。

2013年1月、彼は四国で自殺を図りました。山に入ったのだが、死にきれずに降りてきて、小さなビジネスホテルから私に電話をかけているのだと言いました。私は「羽田から飛行機でそっちに飛ぶから、いっしょに東京に戻ってきて、病院に入院しましょう」と説得をしました。しかし結局会えなかった。

森岡さんと同じアダルトチルドレン的な人だと思います。この人も非常に哲学的な人だったのですが、彼の場合、すでに人を殺してしまった人間でした。カルマを落とすために、必死で善行をしていました。

もし藤沢さんが『反原発不都合な真実』や恋愛工学を書いておらず、経済のことだけを論じている経済クラスタだったら、私は黙っていました。

「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)

「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)

 

なぜ『「反原発」の不都合な真実』 に怒ったかというと、このような理由です。

もともと藤沢数希は経済クラスタとして知られていました。『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』や『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありません

』、『外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々』といった、経済関係の著作のことを、私はぜんぜん問題視していなかったんです。

例えばある業界内部から匿名で内部告発があったとして、そのような内部告発は保護されるべきです。例えばオリンパス内部告発の事件などが挙げられます。業界を憂えて、正義感から内部の腐敗を告発するような情報源は貴重です。藤沢数希の著作の中でも、特に『外資系金融の終わり』は非常に業界に対する義憤が感じられて、良い本です。

しかし『反原発不都合な真実』はちがいます。彼は理論物理学者だったという経歴を公表していますが、どこの大学のどういう学位なのかが分からない。ディプロマミルかもしれない。専門分野以外のテーマについて、匿名で本を出しても、言論責任が取れないです。私みたいにブログ程度で無報酬でやっているのと、商業出版で本を出すということは本質的にちがうことです。

原発推進の学者さんで、顕名でおやりになっている方はたくさんおられます。にも関わらず、匿名作家である藤沢数希が書いた原発の本を、新書で出版した新潮社の考えが分からないです。どうもあとがきによると、ダイアモンド社でボツって、新潮に拾ってもらったようなことが書いてありますが。本の内容もよくある原子力PAの焼き直しに過ぎません。新書ブームなので、乱発しているという印象です。

2012年当時、『反原発不都合な真実』の出版元の新潮社にも問い合わせましたが、対応に不信感を持っています。

また「恋愛工学」がとにかく迷惑です。青少年健全育成条例の不健全図書(18禁)にすらできなかったので、子どもの目に触れるんです。

tsunamiwaste2016.hatenablog.com

昨年は東大・慶大・近畿大千葉大医学部とキャンパスレイプが続発しました。恋愛工学ではデートレイプを読者に教唆しています。社会人の恋愛工学生(読者)も目的意識的にデートレイプをしかけてきます。

近著の『損する結婚 儲かる離婚』では一夫多妻を推奨しています。そんなことをされると私たち婚活女性は巻き添えにされるから大迷惑です。

どこの誰とも分からない匿名作家が、真偽不明の極論を垂れ流し、有名な出版社が漫然と出版する。それを信じる若くて浅薄な男性読者が存在し、そのしわよせが私たちにくるのです。

私たち女性読者がいちばん知りたいのは、この作家のプロフィールであり、匿名作家の自称「調査報道」ではないんです。肝心なことが報道されていない。

www.news-postseven.com

この記事に、藤沢数希らしき男性の写真が掲載されています。女性の方に考えて頂きたいのですが、もしあなたがこの男性にナンパされたとして、ついていきますか? 私はついていきません。ライダースジャケットを着ている時点で、あんまりモテなさそうです。

https://parts.news-postseven.com/picture/2017/03/FK.jpg

私が問題提起したいのは、商業出版社の出版倫理です。WEBで匿名の真偽不明の情報が飛び交う時代になったからこそ、商業マスコミは裏づけのとれた公正中立な報道をしてほしいんです。ジャーナリズムのない商業マスコミは、これから社会的に支持を失うと思います。「本を出版する」ということと同じぐらい、「クズ本を出版しない」ということはブランドビルディングのために必要です。

私のほうは、当時彼に愛情があって交際していたので、何も恥ずかしいことはありません。私が2012年に関わった男性と藤沢数希というライターが同一人物かは分かりません。もう5年も前の出来事で、私もかつての情熱を失って、忘れつつあります。彼がこの空のどこかで幸せに過ごしていることを祈っています。 

参考:名誉毀損の違法性阻却・免責に関する法理

  • 摘示した事実が公共の利害に関する事実であること(公共性)
  • その事実を摘示した目的が専ら公益を図ることにあること(公益性)
  • 摘示した事実が真実であること(真実性)、または真実である信ずるについて相当な理由のあること(真実相当性)

名誉毀損 - Wikipedia