読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行動で愛を証明しよう

藤沢数希「恋愛工学」問題特設ブログ。性暴力・デートDV反対!主に書物の中の性差別表現について考えています。

なぜ青少年健全育成条例「不健全図書」制度が活用できないのか?

市民運動 有害図書

初めての人はここをクリック →デートレイプ加害者マニュアルが流行中

表現規制問題では、「出版物やコンテンツが実際に犯罪を助長しているのかどうか」がかねてから議論でした。

 「恋愛工学」3コンテンツについては、すでに読者がたくさん性犯罪を起こしており、実態として広域犯罪組織になってしまっています。青少年健全育成条例有害図書(不健全図書)に指定されるべきです。私は宮崎勤事件以来の有害図書と思っています。

忘年会までやっているという……。

即画(ナンパした女性の裸の写真をスマホ等で撮影して、ツイッターでばらまく。リベンジポルノ)等を常習的にやっています。

さて、こういう時のための不健全図書制度ですが、現行の青少年健全育成条例の法の盲点をついており、18歳未満すら読めるのにお役所だけ読めないという、法的エアポケットの中にあります。平成21年に、インターネットの有害情報は一概にフィルタリングで対応するという法制度を作ってしまったために、審議対象外、18禁にすらできない、全年齢向けになっている(現行法では紙の本のみ取締対象)。実際、もう高校生読者がいるという話もあります。

f:id:tsunamiwaste2016:20161125110938j:plain

このコンテンツはひじょうに犯罪助長性が高いです。都議会議員の方、メルマガを特例で試験購入する判断をお願いします。学校の養護教諭などを通じ、保護者にフィルタリングを呼びかける等、注意喚起につなげてください。

そしてその「有害図書になるべくして作られた」恋愛工学3コンテンツですが、審議対象になった小説とマンガについて、2016年11月7日、東京都青少年健全育成審議会を「華麗にスルー」しました。全部野放し決定、18禁ですらない。まじで役人、仕事して。

f:id:tsunamiwaste2016:20161116183256j:plain

恋愛工学から青少年を守らない青少年健全育成審議会のメンバーはこちら。

http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/seisyounen/pdf/09_singi/26ki_meibo.pdf

都民として疑問なのは、こういう肝心な時に伝家の宝刀が錆びついていて使えないというのは、なぜなんだろう……ということです。

条例で定められた枠組みの中での取り締まりは、昔同様、ひじょうに厳しくやっていました。リアルの書店(アマゾン等ネット書店は対象外)やコンビニ等へ、協力員というボランティアの方が来店し、陳列方法などが適正かどうか、チェックしているそうです。

関係者の方の地道な取り組みにはまったく頭が下がるのですが、いまネット時代になっていて、子供がポルノを見たいと思ったとき、スマホでXVIDEOと入力すれば見れちゃいます。ネットコンテンツはフィルタリングのみで、実質的に野放しになってしまいますから、今回みたいな突出して犯罪助長性の高いコンテンツが出たときに、逆に現行法では試験購入もできないということになってしまいます。

行政というのは法にがんじがらめになってしまってなかなか機動的な対応がとりにくいので、民間の報道機関であるマスコミへ情報提供することを考えました。毎日こつこつと情報提供をしているのですが、商業ジャーナリズムは、今回のようなモテ記事・恋愛記事の問題は取り上げにくいようでして、現在は調査報道をしている堅い雑誌にターゲットを絞って、情報提供をしています。