読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行動で愛を証明しよう~藤沢数希「恋愛工学」問題特設サイト

藤沢数希「恋愛工学」問題特設ブログ。性暴力・デートDV反対!

ジェンダー批評家 斎藤美奈子氏は恋愛工学を見逃した

ジェンダー批評

初めての人はここから→デートレイプ加害者マニュアル流行中

有害図書としては、藤沢数希「恋愛工学」は、宮崎勤事件のときに有害図書指定された『ギニーピッグ』や、『完全自殺マニュアル』以来の影響力を持ち合わせていると私は思っています。

藤沢はもともと小説家ではありません。現在「受験工学」でも教育学的観点から発言していますが、教育心理学的ノウハウに通じた人です。

青少年の非行を悪化させる言説はいろいろありますが、いちばん悪いものを作ってみる、というのは一つの実験でもあります。これをフェミニズムや行政がチェックできるのかというテストでもあります。しかしフェミニズムは、トイアンナさんや青柳美帆子さんなど一部の方を除いて、2016年の今までこれを見過ごしてきてしまいました。

これは「避難訓練」です。著者は狙って作っているのです。こんな免責事項を記載しているメルマガなんですから。

f:id:tsunamiwaste2016:20161103180228j:plain

よくある、「萌えアニメ系コンテンツで、わいせつ表現が過激化した」というものではないのです。

火事(有害図書)が起きたけど、本来作動するべき防火シャッターやスプリンクラーフェミニストやPTAによる批判)が残念ほとんど作動しませんでした、ゲームオーバーですっていうことなんです。

私は特に文芸評論家の斎藤美奈子さんに対して怒っています。 ここで恋愛工学をチェックできていません。

dot.asahi.com

小説『ぼく愛』に記載されている著者略歴は簡素なものです。非常に胡散臭い。「この人、誰なんだろう」と批評家なら当然持つべき職業的好奇心が働くはずです。

藤沢数希でGoogle検索すると、私の昔のスキャンダル記事が上位にヒットします。あの記事の、

15.認知した子どもがいる。結婚しようと考えていたが、フラレて後に妊娠していることが判明し認知した。元カノは別の男性と結婚した。

このへんで、女のカンが働いてほしかった。「おかしいな」とピンと来て欲しかったです。

魚拓は昨年削除手続を取りましたが、斎藤さんが記事を執筆した時にはまだ掲載されていました。その中で私は『男流文学論』を引用することまでしている。私の前の彼女さんも、上野千鶴子を引き合いに出して藤沢と口論したそうです。元交際相手二人が上野千鶴子を引き合いに出して喧嘩した男性作家の恋愛小説、という点で「おかしいな」と思ってほしかった。

私は斎藤美奈子さんの『妊娠小説』などを読んで、優れた文学批評家だと思ってきました。

妊娠小説 (ちくま文庫)

妊娠小説 (ちくま文庫)

 

 デマは「バカバカしい」と笑ってすますのではなくて、一つ一つ訂正しなくてはいけないんです。独り歩きしてしまうからです。

ジェンダー批評家としてチェックできなかったということは、藤沢の恋愛工学詐欺の片棒を担いだのと同じことです。六本木の事件の間接的な共犯者です。