行動で愛を証明しよう

出版倫理と性表現について女性読者の立場から考えています。性暴力・DV反対!もっと日本が結婚・子育てしやすい国になりますように。

藤沢数希氏「恋愛工学」を青少年健全育成条例の有害図書として東京都に申出しました

下記3点につき、東京都健全育成条例の有害図書として、9月に東京都青少年課に申出を行いました。

東京都青少年健全育成条例を参照しますと、

東京都青少年の健全な育成に関する条例のあらまし(12 MB
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/about/pdf/poster-leafret/aramasi2016.pdf

「青少年に対し、性的感情を刺激し、残虐性を助長し、または自殺もしくは犯罪を誘発するもの」「強姦等の著しく社会規範に反する性交又は性交類似行為を、著しく不当に賛美し又は誇張するように、描写し又は表現することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を著しく妨げる」という表現がありますので、これに該当すると思いました。

2012年、私は藤沢数希らしき男性とネット恋愛をして、

netgeek.biz

「行動で(愛を)証せ」と言ったんですけど、すると3年後、藤沢数希はこんなふざけた小説を出してきました。

私には正しい愛が何かなんてわからないですし、しかるべき立場の人に議論してもらったほうがいいと思いました。たぶん、行政の男女共同参画関係の部署の方や、DV防止・啓発団体等の方に議論に加わって頂くのがいいと思います。

恋愛工学生と関わって悔しい思いをした女の人たち、この機会に下記に連絡して、言いたいこと言ったらいいよ。役所の人たちは、いまいちピンときてないみたいだった。

連絡先

いま藤沢数希は少年マガジンでコラム書くに至りました。おかしいでしょ。