読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行動で愛を証明しよう

出版倫理と性表現について女性読者の立場から考えています。性暴力・DV反対!もっと日本が結婚・子育てしやすい国になりますように。

表現規制反対派の不良老人どもを姥捨山へ

今回は問題提起をしようと思いますので、過激なタイトルをつけました。 最近こんな記事を見つけたんです。新宿区議の方が書かれた記事です。 president.jp この記事自体は、区政を監視するという議員本来の仕事ですので、お書きになった議員の方には敬意を表…

出版倫理の観点から見た藤沢数希『ぼく愛』

このブログは当初は、藤沢数希「恋愛工学」問題特設サイトとして立ち上げたのですが、紆余曲折があり、いまは「出版倫理と性表現を考えるブログ」ということで、やらせて頂いています。 私が問題視をしている藤沢数希著『ぼくは愛を証明しようと思う。』(以…

出版倫理と格差・世代間倫理について(3)

そもそも出版業やマスコミ産業というのは、大衆が持っている恋愛・セックスに対する幻想(ロマンティック・ラブ・イデオロギー)に依拠してご飯を食べてきたところがあります。江戸時代には、士農工商の同じ階層の中で婚姻を繰り返していたのですが、歌舞伎…

出版倫理と格差・世代間倫理について(2)

出版業界の業界誌ということで、『創』と『編集会議』の2誌を書店でチェックしてきたのですが、そのうちの『創』について、先日このように違和感をエントリーにしました。 tsunamiwaste2016.hatenablog.com その後も気になって、バックナンバーを確認したり…

草食系男子はほんとうに結婚に向くのか(2)

森岡さんは、男女交際に対する考え方が月9的なんです。バブルの頃のユーミンの世界みたいに、甘美な恋愛をして、結婚をして、同居するというような捉え方なんです。いちど結婚に失敗している大人の男とは思えない浅さです。 tsunamiwaste2016.hatenablog.com

草食系男子はほんとうに結婚に向くのか(1)

援助交際世代の婚活女性として、また元交際女性として、2000年代後半に草食系男子ブームの旗手を務めた森岡正博さんの言論活動の内容を批判的に検証したいと思います。 最後の恋は草食系男子が持ってくる 作者: 森岡正博,おかざき真里 出版社/メーカー: …

藤沢数希が提唱する「一夫多妻」に対する違和感

なぜ一夫多妻なのか 私は面倒くさがりなので、今まで藤沢数希の一夫多妻の提案について、まじめに考えてこなかったのですが、 損する結婚 儲かる離婚(新潮新書) 作者: 藤沢数希 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/02/24 メディア: Kindle版 この商品を…

愛した男が書いたものを読むということ(2)

私はヴァージンの時が100%とすると、他の彼氏とは50%~60%程度しか満足感がなかったです。いちばんの原因はメンタルです。他の男の人はそこまで他者と深く関わろうという、求心力がないのかな。 正直、女性はあんまりセックスで開発されすぎないほ…

藤沢数希の顔と音声

週刊ポストが藤沢数希の顔写真を掲載しないので、皆さんの「知る権利」に答えて、代わりに私が載せます。2012年8月に、私のところに電話をかけてきた、藤沢数希と思われる男性の写真です。「この人が藤沢数希」と言われると非常に説得力のある美男子で…

なぜ宮台・森岡はAC男の自立に女を使うのか

宮台真司が90年代以降に、盛んに著書で恋愛(というかナンパ)を推奨したのは、AC(アダルトチルドレン)の男の子が、自立を勝ち取るために、多数の女性にモテることで男として自立を勝ち取ろうとしたということのようです。私は関心がなかったので、ぜん…

森岡・藤沢に見る男の品格

「世の中には自分に似ている人が7人いる」と言いますが、森岡さんと藤沢さん(らしき人)はまちがいなく7人のうちの2人だと思います。二人の人物像を回想しつつ、比較してみます。(写真は内容とまったく関係ありません)

2012年、藤沢数希さん(らしき人)とわたし

鶉まどかさん×男性文化人(宮台真司と思われる)の事例や、岡田斗司夫×愛人80股の事例と比較するために、1995年に私(ツナミ)が森岡正博さんと知り合ったときの状況と、2012年に私が藤沢数希さん(らしき人)と知り合ったときの状況について、そ…

鶉まどかさんの本を読んで

発売当初から話題になっていた本です。2年越しでようやく読みました。知り合いから「ツナミさんに似た人だよ」と聴いていたので、自分との共通点を考えながら読みました。 岡田斗司夫の愛人になった彼女とならなかった私 サークルクラッシャーの恋愛論 (コ…

恋愛論を書く文化人の言論責任について考える

原則論なのですが、何か物を言うときには、発言責任というものが付きまとうんです。普段の生活でも、人にえらそうなことを説教すると、「おまえはそんなに立派なのか?」と白い目で見られますよね。ですから、普通の人は「自分は大した人間じゃないから、え…

なぜこれだけ多くの男たちが恋愛工学に騙されたのか

雑誌やネットのモテ・恋愛記事のうさんくささ 雑誌やネットに氾濫する、真偽不明のモテ記事・性愛関係の記事。 「合コンでモテるコツ! モテ男がやっている5つのテクニック」「『不倫は純愛』罪悪感がない上に家庭を壊す気もない昼顔妻たち」等……。 電車の…