読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行動で愛を証明しよう

藤沢数希「恋愛工学」問題特設ブログ。性暴力・デートDV反対!主に書物の中の性差別表現について考えています。

性差別的な本の著者のまわりで起きていること~森岡正博著『男は世界を救えるか』

本の作り手の人(編集者等)に側に考えて頂きたいので、性差別的な本を書く著者のまわりで、彼らの本というものが、どのように周りの人(女性)を傷つけているか、問題提起の意味で本エントリーを書きます。 鶉まどかさんの本に、宮台真司(と思われる男性文…

1995年、森岡正博さんとわたし

鶉まどかさん×男性文化人(宮台真司と思われる)の事例や、岡田斗司夫×愛人80股の事例と比較するために、1995年に私(ツナミ)が森岡正博さんと知り合ったときの状況と、2012年に私が藤沢数希さん(らしき人)と知り合ったときの状況について、そ…

鶉まどかさんの本を読んで

発売当初から話題になっていた本です。2年越しでようやく読みました。知り合いから「ツナミさんに似た人だよ」と聴いていたので、自分との共通点を考えながら読みました。 岡田斗司夫の愛人になった彼女とならなかった私 サークルクラッシャーの恋愛論 (コ…

12/22付週刊文春報道について

昨日発売の『週刊文春』(12/22号)に下記の記事が掲載されました。●〈千葉大集団強姦〉主犯が私淑した“外資系ナンパ師” ch.nicovideo.jp

東京都青少年健全育成条例改正の陳情提出者をツイッターで発見

初めての人はここをクリック →デートレイプ加害者マニュアルが流行中 さて実際に読者が犯罪呼びかけをした、インフルエンザ級の有害図書「恋愛工学」が数年来、猛威を振るっていますが、東京都青少年課は試験購入もできない、メルマガ『週刊金融日記』を買え…

なぜ青少年健全育成条例「不健全図書」制度が活用できないのか?

初めての人はここをクリック →デートレイプ加害者マニュアルが流行中 表現規制問題では、「出版物やコンテンツが実際に犯罪を助長しているのかどうか」がかねてから議論でした。

【青少年関係】恋愛工学は有害図書指定できない部分が多い

初めての人はここから→デートレイプ加害者マニュアル流行中 東京都の青少年健全育成条例の有害図書制度ですが、藤沢数希「恋愛工学」関連コンテンツのうち、現行法で審議対象になるのは下記の通りとなります。 「紙の本」のみ(電子書籍は対象外)で、「紙の…

【青少年関係】青少年健全育成条例有害図書制度も役に立たず

今月、読者が準強姦の共犯者をネットで募集するという事件が発生した藤沢数希「恋愛工学」関係の3つのコンテンツにつき、東京都青少年課に、青少年健全育成条例の有害図書の申出をしています。 togetter.com

なぜ「強姦教唆」藤沢数希を逮捕できないのか

警察が動けない理由 藤沢数希は匿名作家だが、警察が令状取って捜査すれば分かるはず。メルマガの売上があるということはどこかで課税されているはず。税金の流れをたどったり、プロバイダ責任法からIPをたどっていけば見つかるはずなんです。個人の作家なの…

藤沢数希氏「恋愛工学」を青少年健全育成条例の有害図書として東京都に申出しました

下記3点につき、東京都健全育成条例の有害図書として、9月に東京都青少年課に申出を行いました。 週刊金融日記|藤沢数希|note 小説『ぼくは愛を証明しようと思う。』(幻冬舎) マンガ『ぼくは愛を証明しようと思う。』(講談社) 東京都青少年健全育成条…