読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行動で愛を証明しよう

出版倫理と性表現について女性読者の立場から考えています。性暴力・DV反対!もっと日本が結婚・子育てしやすい国になりますように。

出版倫理の観点から見た藤沢数希『ぼく愛』

このブログは当初は、藤沢数希「恋愛工学」問題特設サイトとして立ち上げたのですが、紆余曲折があり、いまは「出版倫理と性表現を考えるブログ」ということで、やらせて頂いています。 私が問題視をしている藤沢数希著『ぼくは愛を証明しようと思う。』(以…

出版倫理と格差・世代間倫理について(3)

そもそも出版業やマスコミ産業というのは、大衆が持っている恋愛・セックスに対する幻想(ロマンティック・ラブ・イデオロギー)に依拠してご飯を食べてきたところがあります。江戸時代には、士農工商の同じ階層の中で婚姻を繰り返していたのですが、歌舞伎…

出版倫理と格差・世代間倫理について(2)

出版業界の業界誌ということで、『創』と『編集会議』の2誌を書店でチェックしてきたのですが、そのうちの『創』について、先日このように違和感をエントリーにしました。 tsunamiwaste2016.hatenablog.com その後も気になって、バックナンバーを確認したり…

なぜ商業マスコミはいらん本ばっかり作るのか(2)

ファッション雑誌がおしつけてくる虚像 先日、美容院に行ったんですけど、置いてあるファッション雑誌をパラパラ見ながら、美容師さんと雑談してきたんです。 アラサー向けの『BAILA』(集英社)を読んでたんですけど、買いたい服がまったくないんです…

草食系男子はほんとうに結婚に向くのか(2)

森岡さんは、男女交際に対する考え方が月9的なんです。バブルの頃のユーミンの世界みたいに、甘美な恋愛をして、結婚をして、同居するというような捉え方なんです。いちど結婚に失敗している大人の男とは思えない浅さです。 tsunamiwaste2016.hatenablog.com

藤沢数希が提唱する「一夫多妻」に対する違和感

なぜ一夫多妻なのか 私は面倒くさがりなので、今まで藤沢数希の一夫多妻の提案について、まじめに考えてこなかったのですが、 損する結婚 儲かる離婚(新潮新書) 作者: 藤沢数希 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/02/24 メディア: Kindle版 この商品を…