読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行動で愛を証明しよう

出版倫理と性表現について女性読者の立場から考えています。性暴力・DV反対!もっと日本が結婚・子育てしやすい国になりますように。

表現規制反対派の記事を読む~『創』の篠田博之氏の仕事

出版倫理と性表現と言えば、雑誌『創』の篠田博之さんという有名な方がいたと思って、最近の言論活動を調べてみたんです。奈良小学生女児殺人事件の小林薫死刑囚への取材活動などで有名な方です。個人的な備忘のために、エントリーにしておきます。 blogos.c…

ジャンプ+α編集部の女性トイレ炎上について

集英社の女性ファッション雑誌である『BAILA』がいかに、私の視点から見てゴミクズ雑誌かというエントリーを書きましたが、同じ集英社で、先日、こんな炎上騒ぎがあったんです。 wedge.ismedia.jp ジャンプ+α編集部が『To Loveる』の矢吹健太朗さんに…

ある集団虐殺(ジェノサイド)の話~ベトナム・モンタニャール

民族滅亡は静かに進行する 二十代の頃に仕事で「ベトナムのモンタニャールという少数民族について文献収集をしてほしい」と命じられて、調べたことがあるんです。集団虐殺(ジェノサイド)に遭っている民族なんだそうです。 しかしとにかく情報がない。イン…

筑摩書房の松田哲夫さんに直訴状を送る

森岡正博『感じない男』の件での続報です。 本件は、この本をお買いになられた他の読者の方にも関係することですので、透明性を確保するために、進捗があり次第、随時ブログにてご報告しております。密室にしないことが大事だと思っております。 tsunamiwast…

なぜ商業マスコミはいらん本ばっかり作るのか(3)

マスコミが押し付けてくるロマンティック・ラブ・イデオロギー 子どもを作るというのは、どんな動物でもやっていることです。しかし私たちは霊長類で、いろいろ余計な知恵がついてしまったので、つがいを作って、子どもを作るということがなかなかできない。…

なぜ商業マスコミはいらん本ばっかり作るのか(2)

ファッション雑誌がおしつけてくる虚像 先日、美容院に行ったんですけど、置いてあるファッション雑誌をパラパラ見ながら、美容師さんと雑談してきたんです。 アラサー向けの『BAILA』(集英社)を読んでたんですけど、買いたい服がまったくないんです…

なぜ商業マスコミはいらん本ばっかり作るのか(1)

カスタマー精神の欠如を痛感した 私は『感じない男』を都合3冊も買っているんです。人にあげたり、アンダーラインを引くために必要だったから買ったんです。 tsunamiwaste2016.hatenablog.com 筑摩書房にとって、私はお得意様だと思うんですけど、私が、「…

愛した男が書いたものを読むということ(2)

私はヴァージンの時が100%とすると、他の彼氏とは50%~60%程度しか満足感がなかったです。いちばんの原因はメンタルです。他の男の人はそこまで他者と深く関わろうという、求心力がないのかな。 正直、女性はあんまりセックスで開発されすぎないほ…

藤沢数希の顔と音声

週刊ポストが藤沢数希の顔写真を掲載しないので、皆さんの「知る権利」に答えて、代わりに私が載せます。2012年8月に、私のところに電話をかけてきた、藤沢数希と思われる男性の写真です。「この人が藤沢数希」と言われると非常に説得力のある美男子で…

フェミニズム学者が不倫をするということ(曲学阿世について)

森岡さんの不倫相手と噂されている人です。上野千鶴子たち「性の解放」派のフェミニストとは正反対の、家族を重視する立場のフェミニスト研究者だったそうなので、本をパラパラ読んでみました。私も家族を重視する立場なので、基本的には立場はこの人と同じ…

森岡正博さんの臓器移植の自己決定権の研究に関する疑惑

『感じない男』を読んで私がいちばん問題視したのは、森岡さんが80~90年代にかけて取り組んだ脳死移植問題関係の仕事のことなんです。 脳死の人―生命学の視点から 作者: 森岡正博 出版社/メーカー: 法蔵館 発売日: 2000/07 メディア: 単行本 クリック: 12回…

『感じない男』版元の筑摩書房に対する不信感

編集者が開き直っている 私は、筑摩書房に『感じない男』の件で三回電話しているんです。初回は、担当編集者(男性)から「著者から個人的に謝ってもらったのではダメなんですか。特定できるように書いていないからモデル問題には抵触しない」と言われました…

なぜこれだけ多くの男たちが恋愛工学に騙されたのか

雑誌やネットのモテ・恋愛記事のうさんくささ 雑誌やネットに氾濫する、真偽不明のモテ記事・性愛関係の記事。 「合コンでモテるコツ! モテ男がやっている5つのテクニック」「『不倫は純愛』罪悪感がない上に家庭を壊す気もない昼顔妻たち」等……。 電車の…