読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行動で愛を証明しよう

藤沢数希「恋愛工学」問題特設ブログ。性暴力・デートDV反対!主に書物の中の性差別表現について考えています。

なぜ宮台・森岡はAC男の自立に女を使うのか

宮台真司が90年代以降に、盛んに著書で恋愛(というかナンパ)を推奨したのは、AC(アダルトチルドレン)の男の子が、自立を勝ち取るために、多数の女性にモテることで男として自立を勝ち取ろうとしたということのようです。私は関心がなかったので、ぜん…

草食系男子とは機能不全家庭のIPでは?

ちなみに、草食系男子が増殖し始めた2005年頃に、森岡さんは草食系男子を「ジェンダーフリーの新人類」と賞賛したらしいのですが、どうもそうではないのではないか。草食系男子というのは機能不全家庭のIP(Identified Patient)なのではないか、とい…

女性搾取的アニメと草食系男子との関連(1)

『感じない男』P.26で、森岡さんは『エヴァンゲリオン』に言及しています。お気に入りのアニメなんです。 ちなみにこの本が出版された2005年当時、オンエアされていたのは『エウレカセブン』です(たまたま私は短期間ですが、作り手側でお仕事させて…

性差別的な本の著者のまわりで起きていること~森岡正博著『男は世界を救えるか』

本の作り手の人(編集者等)に側に考えて頂きたいので、性差別的な本を書く著者のまわりで、彼らの本というものが、どのように周りの人(女性)を傷つけているか、問題提起の意味で本エントリーを書きます。 鶉まどかさんの本に、宮台真司(と思われる男性文…

鶉まどかさんの本を読んで

発売当初から話題になっていた本です。2年越しでようやく読みました。知り合いから「ツナミさんに似た人だよ」と聴いていたので、自分との共通点を考えながら読みました。 岡田斗司夫の愛人になった彼女とならなかった私 サークルクラッシャーの恋愛論 (コ…

森岡生命学にはガバナンスの概念が欠如している

森岡さんの「誕生肯定」を批判したエントリーの中で「ガバナンス(統治)が欠如している」と指摘しましたが、 tsunamiwaste2016.hatenablog.com 『感じない男』でも、「あれれ、大学教員なのにこんなこともわからないんだ」と思った行がありました。

『感じない男』ではどんな話のすり替えが行われているのか

実は社会評論にカモフラージュした自慢話でした この本の「第三章 私はなぜ制服に惹かれるのか」と「第四章 ロリコン男の心理に分け入る」で、著者は、 「私にはロリコンの気持ちが分かる。(中略)少女と性的にかかわったことはないし、かかわろうとしたこ…

もはや出版社はいらないのではないか

森岡正博と藤沢数希に共通する「ITスキル」 今回のキーパーソンである森岡正博さんと藤沢数希さんというのは、たまたまなのですが、二人とも、ITにいち早く取り組んできた先駆的な書き手なんです。 森岡さんは、パソコン通信「ニフティ・サーブ」の時代…

恋愛論を書く文化人の言論責任について考える

原則論なのですが、何か物を言うときには、発言責任というものが付きまとうんです。普段の生活でも、人にえらそうなことを説教すると、「おまえはそんなに立派なのか?」と白い目で見られますよね。ですから、普通の人は「自分は大した人間じゃないから、え…

森岡正博『感じない男』の誤りについて筑摩書房にお手紙を送りました

ツイッターのほうではお知らせしていますが、私が最初に交際した男性は森岡正博さんです。私は別れると元カレのことは忘れるタイプなので、忘れていました。今回恋愛工学の件で、やむを得ず約20年ぶりに連絡を取りました。 「著者に連絡するからには、最近の…

ジェンダー批評家 斎藤美奈子氏は恋愛工学を見逃した

初めての人はここから→デートレイプ加害者マニュアル流行中 有害図書としては、藤沢数希「恋愛工学」は、宮崎勤事件のときに有害図書指定された『ギニーピッグ』や、『完全自殺マニュアル』以来の影響力を持ち合わせていると私は思っています。 藤沢はもとも…

Amazon『ぼく愛』にレビューを投稿しました

先日の、恋愛工学読者による準強姦共犯者公募事件の一件にすごくショックを受けています。 少しでも不幸な恋愛をする若い人が減ることを祈って、Amazonの『ぼく愛』のレビュー欄に下記の通り投稿しました。