読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行動で愛を証明しよう

出版倫理と性表現について女性読者の立場から考えています。性暴力・DV反対!もっと日本が結婚・子育てしやすい国になりますように。

痴漢が轢死した事件で悪いのは誰か

痴漢の容疑をかけられた男性が線路に降りて、電車にはねられて亡くなるという、考えさせられる事件がありました。これを受けて、ツイッターで議論が沸騰しています。 www.news24.jp nlab.itmedia.co.jp

出版倫理と格差・世代間倫理について(2)

出版業界の業界誌ということで、『創』と『編集会議』の2誌を書店でチェックしてきたのですが、そのうちの『創』について、先日このように違和感をエントリーにしました。 tsunamiwaste2016.hatenablog.com その後も気になって、バックナンバーを確認したり…

草食系男子はほんとうに結婚に向くのか(1)

援助交際世代の婚活女性として、また元交際女性として、2000年代後半に草食系男子ブームの旗手を務めた森岡正博さんの言論活動の内容を批判的に検証したいと思います。 最後の恋は草食系男子が持ってくる 作者: 森岡正博,おかざき真里 出版社/メーカー: …

問題は男女平等ではなく女性蔑視・女性搾取

森岡さんは男女平等(ジェンダーフリー)にこだわってきましたが、私は、男女平等が大切なのではなく、問題は女性蔑視・女性搾取にあると思います。 私たち女性から見ると、森岡さんが「気立てが優しいから夫にするならお勧めですよ」とノシを付けて婚活パー…

性差別的な本の著者のまわりで起きていること~森岡正博著『男は世界を救えるか』

本の作り手の人(編集者等)に側に考えて頂きたいので、性差別的な本を書く著者のまわりで、彼らの本というものが、どのように周りの人(女性)を傷つけているか、問題提起の意味で本エントリーを書きます。 鶉まどかさんの本に、宮台真司(と思われる男性文…