読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行動で愛を証明しよう~藤沢数希「恋愛工学」問題特設サイト

藤沢数希「恋愛工学」問題特設ブログ。性暴力・デートDV反対!

デートレイプドラッグって何?

こんな準強姦事件がありました。

www.sankei.com

続きを読む

性犯罪対策になぜ防犯カメラなのか?

慶大・千葉大医学部などキャンパスレイプが相次いでいて、体感治安が悪いですが、こんな報道がありました。やっぱ性犯罪の発生件数は増えているらしい。

headlines.yahoo.co.jp

東京都内で1~10月に起きた性犯罪(強姦(ごうかん)と強制わいせつ)の認知件数が計828件に上り、昨年1年間(807件)をすでに上回っていることが警視庁への取材でわかった。

 小学生以下の児童の被害も多く、同庁は5日、犯罪心理学都市工学などの専門家を集めた研究会を設置。発生状況を分析し、効果的な防犯対策を検討する。

 研究会では、性犯罪が起きた場所の地形などの特徴のほか、容疑者の動機や被害者を選んだ経緯、事件前後の行動などを多角的に検証。来年夏までに防犯対策を提言する。5日に開かれた初会合で、同庁の山下史雄副総監は「弱い立場にある子どもや女性の安全が脅かされており、安全対策は喫緊の課題だ」と述べた。

私が気になったのは「都市工学」です。以前ごみ問題をやっていたとき、勉強させて頂いた東大の森口祐一先生が都市工学の先生なんです。私はごみ処理場や下水処理場の構造についてもっぱら勉強させて頂いたのですが、性犯罪で都市工学とは、いかに?

調べると、犯罪防止の視点からまちづくりを考えるという分野があるんですね。

http://www.cpij.or.jp/com/ac/reports/2-1_45.pdf

f:id:tsunamiwaste2016:20161206142412j:plain

上記では、ひったくりを例にして、犯罪発生件数と道路の見通しのよさを比較している。

これを見て思い出したのは、数日前におにはら桃さんが「ひどい」って怒っていた川崎駅の防犯ポスター。

 「もしかして駅から地下街アゼリアに降りていくときの大エスカレーターじゃないの?」と思った。二階ぶちぬきのエスカレーターがあって、あそこ危ないんだよね。

そう思ってアゼリア周辺の写真を探してたら、あった!w おにはらさんが撮影したポスター発見!(赤枠部分)

f:id:tsunamiwaste2016:20161206142627j:plain

※ 年の瀬の川崎駅前を歩く: 写真撮っけど,さすけねがい? から引用

やっぱこの場所だよ! こりゃ、絶好の盗撮ポイントだわ!w

おにはらさんには悪いんですけど、私は警察(神奈川県警)の取組に合理性があると思いました。この場所にはこのポスターを貼るべきです。

で、従来型の所轄警察の地域防犯の視点で性犯罪対策考えるとこういうアプローチになります。こういうポイントを重点的に取り締まって、パンチラ狙い系の盗撮犯を検挙しようという発想になる。IHC(インターネット・ホットライン・センター)から来たプロバイダ開示請求をあっちに送って、こっちに書類を送ってするよりも、頻発場所に張り込んだほうが現行犯逮捕できるから、おまわりさんの目線だと効率いいよね。

警視庁の研究会、イヤな予感がする。有識者メンバーの中に都市工学の研究者が入っているということは、「もっと街中に防犯カメラを増やしましょう」という結論になる気がする。ツイレディの中で、これ以上街中にカメラ欲しい人、います?w 

https://t.co/xndD2BMnEa

f:id:tsunamiwaste2016:20161206143047j:plain

t.co

上記記事で紹介されている港区のケースでは、なんと「設置経費の4分の3の補助(上限は1,500万円)」。

は? 東京都が電子書籍『週刊金融日記』購入経費約5万円を出し渋る一方で、港区が1500万円の防犯カメラに助成金? 実際に港区のサイトを調べると、あったあった。

港区公式ホームページ/港区防犯カメラ等設置補助事業のご案内

ホントだ、上限1500万円って書いてある。防犯カメラ一台で1500万円か。
こんな税金の使い方していたら、納税者がいくら払っていても、なくなりますよ。

港区に電話で問い合わせたところ、この助成事業は平成15年4月開始、維持管理費の助成は19年4月から。27年度の実績で、整備費(カメラの新設)に10団体(町会・自治会等)4200万円。維持管理費(既設カメラの維持)21団体380台480万円。

港区は繁華街が多く(先日の恋愛工学生シンガポール最強ナンパ師の準強姦の呼びかけも六本木だった)、まあ、ある程度、合理性はあるのかな……。

警察がこういう政策になっちゃうのは、

× 従来型の地域防犯=都道府県警察=ハード(防犯カメラとか)を重視

〇 サイバー防犯=警察庁=IHCの権限増強=ソフトを重視

地域防犯は高齢化で、もうなり手も少ないんです。

街頭に仕掛けられている防犯カメラ、私は嫌い。火災報知器型盗撮カメラが女子トイレに仕掛けられていて、その盗撮画像がネットに流出してる。たぶん、街頭の防犯カメラも、結局”実は監視してるボランティアの中に不埒者がいて、また「防犯カメラで街行く女性のパンチラ撮影したので売ります」という売り文句で売りさばいていました”とかいう展開になりそうw 下記の盗撮事例では、職業選択の時点ですでにロリコン目線なんだよねw

www.sankei.com

JCとヤリたいから塾の経営者になった、とかじゃないの?w

反町隆史の出てた教師マンガ『GTO』で、主人公の教育実習生仲間に「女子高生とヤリたいから」教師を目指すっていってたやつがいた。私でも実生活で1人、似たような動機で教師になったやつ知ってます。

教師でも性犯罪やるやつとやらないやつがいるし、医者でも性犯罪やるやつとやらないやつがいる。弁護士だって警察官だってみんなそう。

f:id:tsunamiwaste2016:20161206152131j:plain

「やるやつ」は性的武勇伝を話す。それが顕在化する場所がネット、SNS。性暴力的なコンテンツが好きだし、好きなオピニオンリーダーや行く場所に共通性ある。ツイッターレディースの取組を見ていてもそう。

「#恋愛工学」のハッシュタグで検索すればナンパ師見つかるし、「#逆さ鳥」のハッシュタグで盗撮アカウント見つかるし、「#動画コンテナ」でエロ動画販売アカウントが見つかる。

最初からダメンズなやつは仕方がない、警察に取締ってもらいましょう。大切なのは真ん中のキョロ充層。彼らをダメンズ、性犯罪者にしないこと。

冒頭の警視庁の有識者会議の新聞記事ですが、

 昨年に東京都内で確認された刑法犯罪は約14万8000件。その多くが知らない相手に襲われていた。このため、研究会は面識のない人物に狙われた事件を中心に分析する。

面識のない人物からの性犯罪を防ぐにはどうしたらいいか?

× 都市工学の学者を研究会に呼ぶ
〇「知らない人に声をかけろ」と呼びかけるナンパメルマガを取り締る→システムエンジニアを呼ぶ

f:id:tsunamiwaste2016:20161206144653j:plain

 

 

女性向け「犯罪手口紹介チラシ」Ver.2制作

女性向け「犯罪手口紹介チラシ」を作成しました。

強姦マニュアルが流行っています2.pdf - Google ドライブ ※ダウンロードできます。

悪質なナンパ師被害が急増しています。大阪市の事件で初の死者が出た可能性あり。
警察や役所に取締を求めています。やれることからやっていきましょう!
性被害はまず「自衛」→ネットで怒る→市民運動に参加(署名運動に参加する等)

f:id:tsunamiwaste2016:20161123140908j:plain

恋愛工学はペンで性犯罪者を人為的に作れることを証明した

恋愛工学=”痴漢狩り”?

 

私は2012年に著者の藤沢数希氏(らしき男性)から「若い頃に埼京線”痴漢狩り”に行っていた」と聞いています。埼京線でひとつひとつの痴漢の現場を取り押さえるのはたいへんな労力が要りますが、自らアングラ・エロマガジンを作って、世の中に流布すれば、性犯罪者的な性格の男性が好んで愛読するでしょう。読者たちは情報交換しますから、もともとあった質のばらつきも均質化されて、扱いやすくなるというものです。実際恋愛工学生を観察していますと、「女性差別的だし、性加害者的であるが、ロジカルシンキングはできる」男性たちです。

続きを読む

近大・千葉大医学部でもキャンパスレイプ発覚

警察 事件

初めての人はここをクリック →デートレイプ加害者マニュアルが流行中

デートレイプ・マガジン『週刊金融日記』創刊4年目の今年は、東大・慶大で相次いでキャンパスレイプが発覚しましたが、今度は近畿大学千葉大医学部でも発覚しました。女性を酒で潰して集団でわいせつ行為をする、いつもの手口ですね。

続きを読む

東京都青少年健全育成条例改正の陳情提出者をツイッターで発見

有害図書 市民運動

初めての人はここをクリック →デートレイプ加害者マニュアルが流行中

さて実際に読者が犯罪呼びかけをした、インフルエンザ級の有害図書「恋愛工学」が数年来、猛威を振るっていますが、東京都青少年課は試験購入もできない、メルマガ『週刊金融日記』を買えないし、中も読めないということが発覚しました。

続きを読む

警察の「痴漢撲滅系ポスター」制作VSレイプマガジンの有害図書化

警察 防犯 市民運動 メディアリテラシー

初めての人はここをクリック →デートレイプ加害者マニュアルが流行中

昨日は、都内某所で開かれた、牧野雅子氏(京都大学)による『痴漢撲滅系ポスタープロジェクトから見えてくること』という講演会に参加してきました。

LOVE PIECE CLUB - イベント/ニュース - 【講演会】11月18日(金) 牧野雅子さんに聞く 「痴漢撲滅系ポスタープロジェクト」から見えてくること

続きを読む