行動で愛を証明しよう

出版倫理と性表現について女性読者の立場から考えています。性暴力・DV反対!もっと日本が結婚・子育てしやすい国になりますように。

ライブドアブログに移動します

今まで使ってきたはてなブログから、ライブドアブログに引越しをします。

新しいURLは下記の通り。

行動で愛を証明しよう2

引き続き、宜しくお願いいたします。

森岡正博『感じない男』の誤りについて筑摩書房にお手紙を送りました

ツイッターのほうではお知らせしていますが、私が最初に交際した男性は森岡正博さんです。私は別れると元カレのことは忘れるタイプなので、忘れていました。今回恋愛工学の件で、やむを得ず約20年ぶりに連絡を取りました。

「著者に連絡するからには、最近の仕事をおさえておかないと」と思って、書棚に積読になっていた『感じない男』という文庫を読んで、びっくり仰天。

感じない男 (ちくま新書)

感じない男 (ちくま新書)

 

 

「私にはロリコンの気持ちが分かる。(中略)少女と性的にかかわったことはないし、かかわろうとしたこともない。」(P.110

 これは真っ赤な嘘です。一九九五年、私が十七歳のときに著者と交際を始めて、十八歳になってから深い関係になりました。この人は私のヴァージンの相手です。

続きを読む

なぜこれだけ多くの男たちが恋愛工学に騙されたのか

雑誌やネットのモテ・恋愛記事のうさんくささ

雑誌やネットに氾濫する、真偽不明のモテ記事・性愛関係の記事。

「合コンでモテるコツ! モテ男がやっている5つのテクニック」
「『不倫は純愛』罪悪感がない上に家庭を壊す気もない昼顔妻たち」等……。

電車の中吊り広告やSNSの端っこに載っている記事が気になり、つい電車の中で読んでしまったり、影響を受けてしまったりします。そうやって知らず知らずのうちに「こういう男がモテるんだ」「みんな不倫してるんだ」などとなんとなく先入観を持ちます。

藤沢数希が『SPA!』や『クーリエ・ジャポン』等の男性向け雑誌に執筆していた恋愛工学関係の記事も、そうしたたくさんあるモテ記事・恋愛関係の記事のひとつだったと思います。

続きを読む